Basic Pay 2021

お金に関するワード

DFAS(Defence Finance and Accounting Service)より2021年のBASIC PAY(Base payとも言います)が発表されました。

Basic payは基本給のこと。月額です。昨年に比べて全体として3%アップしたそう。近年は毎年少しずつアップしています。BASも具体的にはどのくらいかは明らかになっていませんが、上がったようです。「Military pay chart 2021」などで検索してみると掲載サイトが複数ヒットします。

BASIC PAYは勤続年数が長い人ほど、ランクが高い人ほど高くなるので、簡単に言えば年功序列の仕組み。勤続年数の区切りなので2年ごと。ランクが同じでも2年経てば昇給します。

給与は月末と15日前後の月二回払い。Basic payやそのほかの手当てを合わせた手取りが2回に分かれて振り込まれます。ただし、陸軍と空軍に限っては月一回払いにすることも可能だそう。(やってる人は周りで聞いたことはありませんが)

LESと呼ばれている給与明細は毎月25日前後に発行されます。

LESについてさらに詳しい下のリンクからどうぞ。

オーバーシースクリーニング

Overseas screening。OCONUSにPCSになった場合、取得が推奨されることのあるコマンドスポンサーシップ(以下CS)を受けるために必要な健康診断です。ブランチによってはFamily Member Travel Screening (FMTS) や Family Determination Inquiry (FDI)、Exceptional Family Member Program (EFMP) Screeningとも呼ばれています。 

具体的になにをするかというと、歯科検診、問診、予防接種が主な三つ。ですが人の健康状態は千差万別のため、求められる検査はそれぞれ違います。あとPCS先の国によっても内容が若干違います。

アメリカ以外でも家族の健康が維持できるかどうかをチェックする目的なので、PCS先の軍病院で治療ができない、現地の医療システムで対応できないと診断されるとパスできません。

軍病院に「CSのための健康診断」と伝えればなにをするかはわかっているはずなので受付にまずは行きます。この時、必要なペーパーワークを用意していなければならない時が多いですが、病院側で用意してくれる場合もあるようです。

・参考サイト 陸軍のEFMP公式サイト

IDを作るときに加入 DEERS

ディアーズ。Defense Enrollment Eligibility Reporting Systemのことで、トライケア(米軍の健康保険)を受けるために必ず登録しないといけないものです。

スポンサー(ADだけでなくヴェテラン、軍関係のシビリアンなど)は自動的に登録されますが、その家族はスポンサー自身しか登録や抹消を申請できません。DEERSに登録されることによってDependant IDを作ることができます。すでにIDを持っている人はDEERSにも登録されているはずなのでご心配なく。

登録はIDカードオフィス(RAPIDS ID Card Office)で行うことができます。以前はウォークインでも可能でしたが、現在は(2021年1月現在)事前にオフィスに電話して予約を取るか、ID Card Office Onlineから予約をとることが求められています。ID Card Office Onlineでは最寄りのIDカードオフィスがどこかも調べることができます。

一度登録が済めば、電話番号や住所の変更などはオンラインで変更が可能。milConnect からできます。家族のSSN登録はオンラインでできないのでID カードオフィスに出向く必要があります。その際に必要な書類は事前にオフィスに電話し確認してください。

トライケアの恩恵を受け取るためにもDEERSの登録情報は常に最新にしておきます。子どもが生まれた時、ブランチが変わった時、退役または除隊した時など。情報が更新されてない場合、あらゆるクレーム(請求)、薬の配送や病院の紹介状が必要な時に問題になります、とトライケアで言われているので気を付けましょう。

PCSの滞在費をカバーするTLA

お金に関するワード

ティーエルエーはTemporary Lodging AllowanceのことでOCONUS(アメリカ本土以外)へのPCSの際にかかる滞在費をカバーする制度です。CONUSへのPCSの際に使える制度ではありません。

TLAのカバー範囲

現在いる国(OCONUS or CONUS)で家を引き払ってから飛行機に乗るまでのホテル代、PCS先の国(OCONUS)に着いてから家(一般の借家だけでなくミリタリーハウジングに移り住む場合も含まれる)に入居するまでのホテル代が主に支払い対象になります。

基本的に出発前の10日間、PCS先に到着後の10日間の計20日分を計上することができます。PCS先で家が見つからない、ミリタリーハウジングの空きを待たなければならない事情があるなどの場合、PCS先のハウジングオフィスの裁量で延長される場合もあります。ハウジングから延長許可が下りない場合は10日すぎると自分たちで支払うことになります。

TLAのもらい方

自動的に払い込まれるわけではないので、基地の経理部門にホテルの領収書(領収書はADの名前で発行したほうがあとでスムーズ)とハウジングオフィスの何日分のTLAを許可しますという主旨の書類を提出する必要があります。

どのホテルでもオッケー!ではない

PCS先に着いてから10日間で家を見つけなきゃ!と言われているのはこのTLAがあるからです。軍が払ってくれるから~とスイートルームに滞在してもそれは払われませんのでご注意。現地の平均的な価格までです。またどのホテルでもいいというわけではなく、基地内にホテルがある場合はそのホテルしか泊まれない(それ以外だとTLAが支払われない)ということもあります。

Social Security Payroll Tax Deferral

一応、コロナの経済対策の一つして始まったのが上記のSocial Security Payroll Tax Deferral。2020年ラスト4か月分(2020年9~12月)のSocial Security taxを支払わなくていいかわりに、2021年1月~4月に2倍払ってね、ていう施策です。つまりあとから引かれなかった4か月分をまとめて払うのです。民間企業ではこの制度を取り入れなくてもよかったようですが、政府機関であるミリタリーでは強制的にスタート。9月~12月の給与、いつもより少し多かったはずです。

年が明けて21年1月、ブーイングが多かったのか、1~4月に払うはずだったのが1~12月の12か月間の間に分割されることに!ひと月あたりの額がぐっと下がりましたね。

今回のような施策はあまりミリタリーではアナウンスされません。親切な人が同じベースにいれば、フェイスブックなどでお知らせしてくれるかもしれませんが、その程度です。LESを良くチェックしないとわからないことも多々あります。

コマンドスポンサーシップとは?



日本で米国軍人と結婚する人が多いと思うのでわりとよく聞くワードなのではないでしょうか。

コマンドスポンサーシップはCS(シーエス)と略称で書かれることも多い単語で、command sponsorship programの頭文字でCSPと書かれることも。逆にCSがない場合をNon CSP,NCPと書くこともあります。

簡単に言うとOCONUSの基地(アメリカ国外)にPCSする場合(すでにステーションしてる場合でも取れます)、AD本人だけでなく帯同する家族も一緒にケアしますよ、という制度です。よって、CONUS(アメリカ本土)には無い制度です。

Q,CSは絶対必要か?

必ずしもそうではないです。CSをとることによってもらえるベネフィットは基地、コマンドによって違います。ですが、ほとんどの場合、CSがあるからダメ、ということはないです。

またE-4より下のランク(E-1~E-3までジュニアエンリステッド)はまず家族を帯同してのアメリカ国外へのPCSが許されません。つまり、バラック(独身寮)に住むことになり、OCONUSでは基地の外(オフベース)に住むことが難しいです。逆にCSがないとそもそも家族をPCS先に帯同できない場合もあります。

Q,CSがあるともらえるベネフィットは?

・PCS時の渡航費用を家族の分までもらえる。(航空券代、タクシー代などの移動費用)

・基地内住居(ベースハウジング)に住める。ハウジングの事情によりますが、必ず住まなければならない場合も多いです。空きが出るまでホテル暮らし、ということも。

・OHAがコマンドスポンサーシップがない時(Non-command sponsorshipのこと。 NCOやNCPと書かれることもあります)よりWith Dependent(家族帯同)としてやや高くなる。

・COLAがNCOよりWith Dependantとしてやや高くなる。

・PCS時に無料で運んでもらえる家財の量が増える。

・米国市民権があれば、無料のパスポートがもらえる(No fee passport)

・子供がいる場合、DoDEAの学校に通わせることができる。ADのカテゴリーによっては学費が無料の場合もあります。

・TLAが家族分も含めた金額がもらえる。

・POV(自家用車)を持つことができる。(CSの有無とは関係ない基地もあります)

・軍の医療保険、トライケアプライムオーバーシーまたはリモートが使える。また歯科もカバーされるようになる。(CSがないとトライケアセレクトしか使えない)

Q,どこに申請するのか? 

陸軍であれば、Military Personnel Division (MPD) 、空軍はMilitary Personnel Flight (MPF)、海兵隊ではInstallation Personnel Administration Center (IPAC)で対応しているようですが、まずは上司に聞いてみてください。

Q,CSを申請するためにしないといけないことは?

オーバーシースクリーニングと呼ばれている健康診断が必須です。軍病院で受けます。ドクター(ヘッドドクターのみ可の場合も)のサインがないと申請はできません。

オーバーシースクリーニングについての詳しい説明は下のリンクからどうぞ

Q,CSは必ずもらえるものか?

家族の健康状態が理由で許可されないこともありますが、ある程度「人数枠」というものが決まっているコマンドや基地もあるようです。

公式サイトでは「基地の場所、PCS先での滞在(勤務)予定期間、家族をサポートできる機関や施設の不足、またその他の理由」をCSを申請しても却下される理由として挙げています。

CSがなくてもOCONUSにPCSできることも多くありますが、主に金銭面での補助がなくなります。飛行機代、引っ越し代、PCS先での家賃などが「with dependant(家族含む)」から「独身(single)」の金額が適用されます。

また、CSがないと米国市民権保持者であってもPCS先の国に住めるとは限りません。観光ビザの滞在になることもあり、一定期間で出国を要請されることも。

CSは一度却下されても申請はまた可能です。二度目は通ったという話もよく聞きます。

ミリタリーでよく使われるワード 2

AAFES

エーフェス。Army and Air Force Exchange Serviceの略で陸空軍生活品販売業務。EXCHANGEと書かれた赤と青のロゴは見覚えがあるはず。服屋や映画館、フードコートのレストラン(Subway, Burger King, Popeyes Chicken, Taco Bell, Pizza Hut, Charleys Philly Steaks ,Starbucksなど)もここの一員。施設自体は陸軍ではPX,空軍ではBXと呼ばれることが多いです。

基本的にここで売られているものは免税。個人的な感想としては値段は高くないけれど型落ちのものが多いなという印象。(特に電化製品)


PT

ピーティー。Physical training.身体的なトレーニング全般。どの程度の頻度でどの程度やるかはブランチ、ユニット、コマンド次第。各ブランチで求められている基準が違います。

一般的に空軍は少なめで、海兵隊は多く、厳しいとされています。

年単位で行われるPFT(Physical Fitness Test 陸空海兵隊での名称。海軍ではPhysical Readiness Testと呼ばれています)を一定期間でクリアできないと除隊の可能性もあります。


TDY

ティーディーワイ(Temporary duty station)要するに出張です。

数日から半年ほどの長いものまであります。通常180日を超えることはほとんどありません。


DEERS

ディアーズ。Defense Enrollment Eligibility Reporting System.軍人の家族が登録しなければならないシステム。

ここに登録されないと軍の医療機関を使用することができず、そのほかのベネフィットを受け取ることができません。

さらに詳しい説明は下のリンクからどうぞ。


TRICARE

トライケア。特に何かの略ではなく、Military health care program(軍の健康保険)のこと。軍人本人だけでなく、家族や退役軍人も使用できます。

プランによってカバーされる範囲や、受診できる病院が変わってきます。アメリカ本土だけでなく、OCUNUSでも使えます。

さらに詳しい説明は下のリンクからどうぞ。

DoDEA

Department of Defense Education Activity。

基地内にある学校を運営している組織。軍関係者の子どもたちが通っており、11か国にわたって運営されています。

2020 Tax filing season

今年もやってきました、税金。日本でいうところの年末調整です。デプロイやコンバットペイのリポートをしたり、きちんとファイルすることで払いすぎた税金が戻ってくることもあります!

無料の申請ソフト、MilTaxを使おう!

もともとミリタリーは税金の面では優遇されていますが、MilTax: Free Tax Services for the Military というミリタリーなら無料で使えるソフトウェアで申告できます。DoDの公式サイトのものなので安心。(.milのURLはアメリカ国防総省とその下部組織しか使えないドメインです)、またソフト自体も軍人がファイルしやすいように設計されています。

我が家でもここ数年使っていますが、わかりやすく、連邦政府の申告書(federal return)と最大3つの州の税務フォーム(state tax forms)を作ることができます。

今年度は1月19日から公開され、10月半ばまで使える予定。不明な点があれば、OCUNUSからでもオンラインや電話でコンサルタントにも相談できます。すべて無料です。

またすべての基地にあるわけではありませんが、VITA(Volunteer Income Tax Support Assistance)があれば、対面で相談も可能。ミリタリーの税金に詳しい人が対応してくれます。こちらからVITAのある基地を探せます。

IRSの受付開始日

IRSの発表によると、2021年2月15日から申告書の受付と処理を開始される予定です。電子申告にすると9割の人が21日以内に還付金を受け取れる、とアナウンスされているのでオンラインの方が早いです。口座振替ならさらに早く処理されるとされています。

ミリタリーの宿命 PCS 1 

ミリタリー生活につきもののPCS(permanent change of station)。つまり転勤です。基本的に既婚より独身、エンリステッドよりオフィサーの方が周期が短く、2年~4年で移動する人が一番多いです。

もちろんそれよりも短い、長い場合もあります。PCSは命令なので拒否することはできません。どうしても行きたくない場合は除隊するしかないこともあります。

エンリステッドもオフィサーもPCSの際、希望の基地を提出することはできますが、あくまで希望。オーダーが出たら望んだ場所でなくても引っ越しの準備です。

コマンドスポンサーシップ/ノンコマンドスポンサーシップ

Command Sponsorship/Non-Command Sponsorship。CS/NCSもしくはNCOと略称が使われることも多いです。アメリカ国外(OCONUS)にPCSが決まった場合に必要になるかもしれない制度です。簡単に言えばアメリカ国外でもADだけではなく、Dependantに対してもミリタリーのベネフィットをあげます、という仕組みです。

渡航費や、現地での医療、子供の学校、家賃補助などに影響します。CSは必ずしもオーダーに自動的に付帯されるものではありませんので申請する必要があります。PCS先によってはそもそも家族を連れていけない基地もあります。全ての基地でCSが必要ということもないですが、逆にCSがないなら家族の帯同を認めないという場合もあります。

コマンドスポンサーシップについてさらに詳しい説明は下のリンクからどうぞ

OCUNUSへのPCS

2021年1月現在、未だにCovid19によるパンデミックは収まっていません。世界各国でロックダウンや入国制限をしているため、以前は日本のパスポートがあればビザなし渡航が可能だった国に簡単に入国できない事態が発生しています。これは軍のオーダーによって移動するPCS時でも例外ではありません。

基本的に米軍はDependantも米国籍(市民権保持者)だという想定の下で動くので、米国籍ではない家族、永住権保持者(Green card holder)のためのビザの情報は、移動先の基地やコマンドから提供されないと思ってください。自分で調べるしかありません。

「OrderにDependantの名前が記載されているから大丈夫」というようなことを言われるかもしれませんが、全然大丈夫じゃないこともあります。(事実、2020年9月に渡韓しましたが、あやうく入国拒否されるところでした)米国のパスポートを持ってない人はしばらく注意が必要です。

LESからわかること 

お金に関するワード

LES(Leave and Earnings Statement)は簡単に言えば給与明細です。インターネット上(Mypay mypay.dfas.mil) で閲覧が可能。軍人側にIDとパスワードを登録してもらえれば、家族も閲覧できます。

PCSの前後などは間違いが起こりやすいので、申請したお金がきちんと振り込まれているかどうか、毎月LESを見て確認することを強くおすすめします。(我が家はOHAが30セントになっていることがありました!)


LESからわかることを説明します。

Basic Pay

基本給。軍での勤続年数とランクによって金額が決まり、一年ごとに変動があります。この金額はエンリステッドもオフィサーも一般に公表されています。

2021年度ベーシックペイについてのさらに詳しい説明は下のリンクからどうぞ。

COLA

Cost of Living Adjustmentのことでいうなれば地域手当です。所属している基地によって決定し、年に一度に金額が設定されます。生活費の補助という位置付けなので、基本的に物価が高いエリアだと高額です。アメリカ本土では限られたエリアに所属する人のみの支給ですが、OCUNUSではみんな支給されます。

COLAについて、詳しくは下のリンクからどうぞ!

Special and Incentive Pay

全てのADがもらえるわけではなく、特殊な任務をしている、戦闘地域に在留しているなどの条件でもらえる手当のようなもの。

Hardship Duty Pay (HDP)
Hostile Fire Pay/Imminent Danger Pay (HFP/IDP)
Assignment Incentive Pay (AIP)
Hazardous Duty Incentive Pay (HDIP)

などがあります。

Allowances

家や食べ物に関する補助、手当になるのがこの部類です。

Basic Allowance for Subsistence (BAS)

食事の補助金です。2020年度の金額はオフィサーは
$256.68/月、エンリステッドは$372.71/月でした。

Basic Allowance for Housing(BAH)

家賃補助です。基地ごとに金額が設定されており、ランクで金額が変わってきます。こちらもネットで公表されています。もらえる金額より安い家賃の家に住んでお金を浮かすこともできます。

BAHについてのさらに詳しい説明は下のリンクからどうぞ。

Overseas Housing Allowance(OHA)

OCONUSの基地に所属している場合の家賃補助です。ランクと一緒に住む扶養家族の有無で金額が変わります。BAHと違い、ハウジングオフィスに申告した家賃と同じ金額しかもらえません。

OHAについてのさらに詳しい説明は下のリンクからどうぞ。

Family Separation Allowance(FSA)

家族を連れていけない基地に所属していたり、デプロイをしている場合に支給される手当。自動的に支給されないので、申告が必要です。現在は毎月$250に設定されています。

Leave

リーブ。休暇のこと。LESには現在何日休暇が残っているか、何日使用したなどが掲載されています。

リーブについて詳しくは下のリンクからどうぞ!